前立腺肥大 症状と治療 【手術治療 検査方法】

前立腺肥大症 PSA検査

前立腺肥大症について

前立腺肥大症  前立腺肥大症に悩む人の数は、年齢が高くなるにつれて増えています。増え始めるのは50歳を過ぎてから。統計によれば、日本の55歳以上の男性の2割、5人に1人に前立腺肥大の症状があることがわかっています。

 前立腺肥大症とは膀胱の下にある前立腺が肥大して、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす病気です。前立腺は男性の生殖機能にかかわる臓器で、男性にしかありません。前立腺は膀胱のすぐ下にあり、膀胱の出口にドーナツのように前立腺があり、真ん中の穴を尿道が通っています。年齢とともに前立腺が肥大する人がおり、肥大した前立腺が尿道を圧迫することで、尿の出具合が悪くなります。

 尿の勢いが弱くなる、排尿時間が長くなる、出始めるまでに時間がかかるようになるなどの症状が進むと、急に尿が出なくなる尿閉や尿毒症、腎不全を引き起こします。また、膀胱刺激が出現し、頻尿、特に夜間頻尿、切迫性(こらえ性がなくなる)頻尿などを起こって排尿がスムーズにいかなくなることで、日常生活に大きな支障をきたします

 前立腺は膀胱の出口の開け閉めにかかわり、排尿のコントロールにも関係しています。そのほかのはたらきについてはまだ完全に分かっていません。前立腺は、歳をとるとともに萎縮して小さくなる一部の男性を除き、多くの人が50歳を過ぎるころか大きく(肥大する)なります。前立腺が肥大する原因として、生殖器としての能力の低下を内部の組織が増殖することでカバーしようとしているという説や、体内の性ホルモンのバランスがくずれることが原因とする説などがありますが、まだはっきりしたことは解明されていません。加齢と性ホルモンが何らかの影響を及ぼしていることは確かなようです。前立腺肥大症が50歳以降から増え始め、年齢が高くなるにつれて発症する人が多くなっていくことから、加齢が関与していることは、確実です。

 前立腺肥大症として肉眼的に前立腺肥大を認められる場合は、大きさと症状とは必ずしも一致しないので注意が必要です。なかには前立腺ガンの合併が見られる場合があるからです。しかし、前立腺肥大がガン化するというわけではありません。いずれにしても前立腺肥大症も前立腺ガンも男性ホルモンにより増大し、発生年齢、臨床症状とも似たものが多いですし、しばしば区別が困難である場合もあることから最近では血液検査によるPSA検査を行うことが一般化してきています。前述のような症状にこころあたりがある場合には一度専門医に診察してもらうことをおすすめします。