身長ネット 低身長の悩み

低身長、成長、成長ホルモン、生活習慣改善、身長を伸ばす

身長 生活改善治療の知恵

身長  身長が高い方がかっこいいとか、低いから弱々しいとか身長に関する悩みや願望は誰にでもあるのではないでしょうか。平均身長以上あったとしてもまだまだ高身長にあこがれる人はほとんどであるという一方で、平均身長に足りずに悩んでいる方々もたくさんいます。さらには平均身長よりも低い身長の人たちよりも遥かに低い「低身長症」が原因とみられる深い悩みをもった人々がいるのも事実です。どんな理由であれ、いろいろな身長を伸ばす試みを行ってみて低身長が改善されるためにいろいろな方法を模索してきた人たちは、さらなる低身長の解決に対して取り組んでいる人たちの助けをかりるのもひとつの方法かもしれません。


 身長が平均より低いと感じながら、どうすればよいのか、本当に低身長なのかどうか、対処する時期はいつが良いのか、誰に相談すればいいかの判断がつかずに悩んでいらっしゃる方は多いのではないかと思います。健康そうに見える人は姿勢がよく、悪い癖がないので背が高く見えます。身体全身のバランス調整・立ち姿勢を改善することにより身長が伸びて大きくみえるようになります。


 正常な場合の成人の身長を伸ばす事は出来ません。しかし、かなり身長が低い場合には具体的な治療が必要になります。身長は7%ライン以下、時期は小学校1年生(6歳)〜5年生(10歳)までの受診が、最も望ましいのです。身長の伸びる時期は限られています。中学2年〜3年になってからでは遅いのです。骨年齢が、男子は17歳以上、女子は15歳以上になると、治療効果が得られなくなります。


 詳しく発育歴を調べてみると、低身長の原因のいくつかが浮かんできます。成長障害の背後には脳腫瘍や成長ホルモン分泌不全、ターナー症候群、などの疾患が潜んでいる可能性もあるため、標準身長・体重との比較が可能な成長曲線をつけることによって、成長障害の早期発見・早期治療につなげることが重要です。しっかりと原因を突き止め、治療を受けなかった場合の最終身長を予測し、現時点での最良の方法を納得のいくまで医師と相談し合うことも必要になる場合もあります。