水虫治療対策ガイド

水虫対策、爪水虫、薬治療

水虫について
水虫のリンク集
スポンサーリンク

爪がきたなくなる爪水虫

スポンサーリンク
一般的に足にできる水虫は爪にも感染するのをご存知でしょうか。カビが爪に進入すると爪の水虫「爪白癬(つめはくせん)」になります。爪の中に、白癬菌が住み着いてどんどん増殖していきます。爪は白く濁って変色したり、厚くなるなどの変形させてしまい、見た目も汚くなっていまうのでやっかいです。他の爪にも移って増えていきます。

爪の間に潜んだ白癬菌は格好の隠れ家にいる状態です。ぬり薬などで一時沈静化させることはできますが、爪の成分も皮膚と同様にカビが好むケラチンという物質でできていますので、残った菌が爪のケラチンを栄養に生き続け、菌は栄養を供給しやすい環境下で感染増殖を繰り返していきます。白癬菌を完全に退治しないと水虫サイクル続いていくのです。もちろん放っておくと足水虫同様に菌はばらまかれ、周りの人も感染してしまいますので治療が必要です。


爪水虫とは

 「爪水虫」は正式には爪白癬(つめはくせん)という菌のことをいいます。足白癬(一般にいう水虫)と同じ白癬菌という真菌(カビ)が原因で起こる感染症と同じです。感染した爪は、表面が白く濁ったり、線状にスジが入ったり、汚れたような色がつきます。さらに爪の厚みが増したりします。とにかく見た目が汚くなるので他人に見られることが多い接客で嫌な思いをしてしまいます。
爪みずむし 爪みずむし 爪みずむし
爪みずむし 爪みずむし 爪みずむし


爪水虫の特性

 爪の水虫は、多くの場合、塗り薬だけではよくなりません。爪のすき間が白癬菌の格好の隠れ家となって、ぬり薬などで一時沈静化させることはできても、足の水虫に残った菌が新たに白癬菌を供給しつづけます。爪の水虫を完全に退治しない限り、水虫サイクルは続くのが爪水虫のやっかいなところです。しかも、爪水虫は、爪を変色させたり変形させるといった視覚的に悪影響を及ぼす症状を引き起こします。

ただ、爪の水虫は、治療しなくても特に命にかかわるものではありません。痛くも痒くもないものなので、気にならなければ治療する必要はありません。しかし、接客業や家族・恋人などと接する機会が多い方には気なる病気だといえます。あくまで見た目が悪いから治療するわけですから、患者さんが治療するかどうかはご本人次第ということになります。治療するのならば、なるべく早期にする方がよいでしょう。


爪水虫の治療法

水虫 爪水虫の場合には、飲み薬が効果的です。塗り薬を使っても爪の中に薬の成分が届きにくい爪水虫では、効果的に薬を患部に到達させる点で優れているのが飲み薬なのです。また、飲み薬の場合、カらだ全体から治療するので、同時に足水虫も治せます。また、塗り薬のように、塗り残しが生じて再発を繰り返す、といった問題が少ないのもメリットです。

抗真菌剤を内服するわけですが、大部分の爪が生え変わるまで飲み続けなければなりません。従来の爪水虫のお薬は、完治するのに1年以上飲み続けなければならなかったため、途中で治療を中断してしまう患者さんが少なくありませんでしたが、最近では、パルス療法という治療法が有効です。爪白癬(爪水虫)は数ヶ月間の内服で、ほぼ治癒します。パルス療法という治療に用いられるお薬は爪に届きやすく、爪の中に長くとどまって、お薬を休んでいる間やお薬を飲み終わった後も爪の中で効果が持続しています。症状によって異なりますが、お薬を飲み始めてから早い人で2〜3ヶ月目から健康な爪が生えてきます。

さらに爪水虫の飲み薬による治療では、爪水虫にカンジダ症を合併している場合にも優れた効果をもち、爪真菌症(爪水虫)治療の有効手段とされています。

爪水虫治療の飲み薬の薬剤には2種類があります。「イトラコナゾール」「テルビナフィン」はいずれも白癬菌に対して殺菌作用があります。


「イトラコナゾール」

パルス療法と呼ばれる治療法を行います。イトリゾールカプセルを1日8カプセルずつ1週間服用し、その後3週間休薬するというサイクルを3回繰り返すというものです。服薬期間は3ヵ月(服薬日数は3週間)という短期間で済むので非常に効果的な治療法です。薬を飲まない期間を色々と調整できるので副作用の危険性を減らすことができます。実際にお薬を飲む日数は合計21日間です。
注意点は、他の飲み薬(高血圧治療薬、高脂血症治療薬など)との飲み合わせによっては服用できない場合があります。

「テルビナフィン」

ラミシール錠を1日1錠ずつ毎日服用します。症状に応じて、3ヵ月から6ヵ月継続して服用します。一緒に内服してはいけない薬はごく少数で、ほとんどの場合他の薬を内服していても内服可能です。
注意点は、治療開始から1ヵ月後〜2ヵ月後に肝機能障害などの副作用が懸念されます。内服開始前・内服1ヵ月後・内服2ヵ月後に血液検査を行う必要があります。


飲み薬の爪水虫治療では、長期にわたって飲み続けるため、副作用で肝臓が障害されることがあります。しかし、肝障害が生じる頻度はかなり低いですし、ほとんどの場合、飲むのを中止すれば、肝臓の機能は正常に戻ります。肝障害がひどくなる前に発見するために、一ヶ月に一回、血液検査で肝臓が大丈夫かどうかチェックする必要があります。


スポンサーリンク