更年期障害 【悩み・対策ガイド】

更年期障害、女性ホルモン、自律神経、骨粗しょう症、イライラ感

更年期障害 【悩み・対策ガイド】

更年期障害 年を重ねるごとに生理機能が低下するのは、ヒトの生物学的プロセスとして当たり前のこと。そこで大切になるのは、加齢による様々な症状を理解し、上手に付き合おうとする心がけです。自分にも起こり得る身体的、精神的な変化を知り、高齢になっても充実した毎日を送ることができるよう準備をしておきましょう。

家族や医師など周囲の人が症状をしっかり見極め、支えていく姿勢が更年期障害の症状改善につながります。心身の衰え、退職、配偶者や友人の死など「喪失」を感じる出来事が多くなり、高齢になるとうつ病をはじめとする精神的な症状も起こりやすくなります。強い不安感、疲労感、意欲の低下、自信の喪失、食欲不振、睡眠障害…。 本来、適切な治療によって症状は改善されますが、本人の遠慮やあきらめ、認知症と判断する周囲の誤解などにより、治療が行なわれにくいという大きな問題があります。

スポンサーリンク