高血圧 生活改善治療の知恵

高血圧、高血圧症、治療、生活習慣改善

高血圧の症状

スポンサーリンク
 高血圧となっても自覚症状はほとんどありません(無症状)。 健康診断、もしくは何らかの理由で診察を受けた時に高血圧であるといわれるまでは、血圧が高いことに気付いていないことが多いです。つまり無症状のことが多いです。また、高血圧は無症状のため、放置されたり、軽視される傾向にあります。重大な病気へとつながるため、確実に治療する必要があります。症状が出るのであれば外来を受診して早くから治療を受けることになると思いますが、ほとんどの方が無症状のため、その他の病気が起こってから受診していることを考えていただくと、症状がないことがわかると思います。

 人によっては、高血圧と診断される前から肩こり・頭痛・耳鳴りが出る人もいます。でも高血圧に決まった症状ではないので、症状だけで高血圧を発見することはかなり難しいです。そのため、健康診断・自宅など定期的に血圧を測って、高血圧を早めに発見する必要があります。定期健診で早いうちに高血圧と言われて、「血圧が高いから、精密検査を受けるように」といわれても、自覚症状がないからと放置する人が結構多いです。放置している間は動脈硬化が進行してゆくため、色々な病気となる可能性が高くなります。



 高血圧が持続すると、動脈硬化が進行します。これは心臓から出る血液の圧力が高いと、血管に負担がかかります。この間、症状はほとんどありません。動脈硬化が進行すると、血管閉塞・臓器障害などで症状が出現します。これは長い間、負担がかかると血管が傷みます。内部にゴミが溜まり、中が細くなり、最終的に流れなくなります。この流れない状態が、急激に脳に起これば脳梗塞、心臓に起これば心筋梗塞となります。つまり高血圧自体は症状はありませんが、長期間放置すると病気が進行して、突然血管が閉塞することで症状が出てきます。このため、あたかも健康な人が、突然病気になって倒れたように見えてしまうわけです。 高血圧症は放置すると怖い病気です。しかし正常にコントロールすることで病気が進行しないため、健康な生活を送ることが出来るため、けして怖い病気ではありません。

スポンサーリンク