高血圧 生活改善治療の知恵

高血圧、高血圧症、治療、生活習慣改善

禁煙で高血圧対策

スポンサーリンク
 高血圧に限らず動脈硬化を起こす危険因子をお持ちの方はまず禁煙して下さい。喫煙自体が動脈硬化をさらに促進し、寿命を大幅に縮めます。特に高血圧の人は影響が大きいのです。タバコを1本吸うと血圧は約10mmmHg上がります。この作用は30分近く持続します。言いかえれば、30分おきにタバコを吸う人の血圧は10mmHg高いことになります。たばこに含まれるニコチンや一酸化炭素は血管を収縮させ、たばこ1本で10−20mmHg血圧を上昇させます。特に朝の「起き抜けの1本」は30-50mmHgも血圧を上昇させてしまうこともあります。
さらに喫煙により、高血圧の合併症である狭心症、心筋梗塞、脳梗塞になりやすいことも明らかになっているので何一つ良いことはありません。



どの視点からみても、たばこは良いことはありません。本数を減らすだけでは不十分であり、完全に止める必要があります。しかしながら、「体に悪い」と分かっていても、喫煙の習慣はなかなか断ち切ることができないのが現状です。最近では内服薬または貼付薬(パッチ)といった禁煙補助薬があり、禁煙の達成率が高まっています。

スポンサーリンク