高血圧 生活改善治療の知恵

高血圧、高血圧症、治療、生活習慣改善

食事制限の高血圧治療

スポンサーリンク


運動療法

肥満を是正することで血圧は降下します。BMI 体重(Kg)÷〔身長(m)〕2は25以下を目標に減量します。急激なダイエットは体を壊しますので、現在体重過多の場合はゆっくりと体重をコントロールしましょう。 肥満の人が減量に成功すれば必ず血圧は下がってきます。高血圧、糖尿病、高脂血症等の運動療法は基本的にいっしょです。気をつけてほしいのは、運動が大事というと、一気に毎日何時間もする方がいらっしゃいますが、膝や足首を痛めたり、毎日継続する意欲が持続しにくくなったりとあまりおすすめではありません。運動は毎日徐々に時間を増やし、続けられる限度で継続することが大事です。 運動での脂肪燃焼は有酸素運動が効果的です。週に1回数時間やるより、毎日30分以上行った方が効果があります。ただし、すでに重度の高血圧症などの場合は普段より血圧がかなり高いときや頭痛等の症状があらわれる場合が考えられます。このような症状がある時は中止してください。主治医の先生にどの程度の運動が適量か相談してから始めましょう。



入浴時の注意

入浴時も注意したいことがあります。熱いお湯に一気に入ると交感神経の作用で血管が収縮して、血圧は上昇します。また、長時間入浴して汗をかきすぎてしまうと血液の濃度が高くなって、脱水症状となり、血栓ができやすくなるため脳梗塞等が起こる危険性が増します。

ではどうすればいいのでしょうか。血圧の高い人は、ぬるめのお湯にゆっくりつかるようにしましょう。39℃程度のぬるめのお湯に入ると、ゆっくりと体を温めることによって副交感神経が活性化して血管が拡張するため、血圧は低下します。

急激な温度の変化は血圧を急上昇させるため、寒い時期には脱衣所を暖めておくなどの工夫も忘れずにしておきたいところです。


スポンサーリンク