高血圧 生活改善治療の知恵

高血圧、高血圧症、治療、生活習慣改善

急激な気温の変化に要注意 ヒートショック

スポンサーリンク
 冬場の暖房が効いた部屋から寒い廊下やトイレへ行くとき、冬場に外出する瞬間などに、血管や心臓に負担がかかっていることをご存じない方が多いのです。これは、高血圧の方々に限らず、どのような方でも注意しなければならないことです。室温の急激な変化があると、私たち人間は体温を調節するために血管が収縮し、血圧や脈拍が上がります。高血圧の高齢者では、心筋梗塞や脳梗塞などを起こし、病死や溺死を起こす原因となります。家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占める「ヒートショック」は年間1万人以上。浴槽内溺死の8割以上は高齢者であり、その最大の原因と考えられています。

 たとえば、入浴時に、寒い脱衣所・浴室の洗い場などで急激に血圧が上昇し、浴槽の熱いお湯で心臓にも負担がかかりさらに血圧が上昇します。しかし浴槽につかっていると、温熱効果で血行が良くなるため急激に血圧が低下します。最後に温まった体で寒い脱衣所へ出ることで、再び急激に血圧が上昇します。この様な急激な血圧の変化が負担となります。特に冬場の冷え込んだトイレ・洗面・浴室など、極端な温度差がある場所は注意しなければなりません。

 日本人の高血圧の9割以上は色々な検査をしても原因が不明の高血圧です。これを本態性高血圧症といいます。このような気温差を繰り返す環境下で高血圧症を知らないうちに悪化させている場合があることを知っておく必要があります。



温度差対策として
・目安として10度以上の温度差に注意する
・高齢者・高血圧の方は1番風呂を避ける
・浴室、脱衣所は暖まってから入る
・湯舟に急に入らずに「かけ湯」「半身浴」を組み合わせて徐々に暖めるようにする
・浴槽のふたを開けたり、シャワーで給湯するなどの工夫で浴室の温度を上昇させる
・浴槽のお湯の温度は熱すぎないように、41度以下にする
・冬場など外出する時は、しっかりと暖かい服装をする

 根本的、最終的には高断熱高気密住宅が理想となります。トイレ・洗面・浴室に暖房設備を設置するなど、生活空間全体を暖かくすることが最善策ですが、設置費用などからすべて完備するわけにもいかないかと思います。上記のようなアイデアと準備で温度差をなくす工夫をすることで対策することができます。

スポンサーリンク