介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

ウイルス性イボ(尋常性疣贅)

イボは手のひらや足裏にできる感染症(ヒトパピローマウイルスという病原菌によっておこるうつる病気)です。他に全身のどこにでも発生します。イボウイルスが目に見えないほどの小さな皮膚の傷から侵入し、数週間〜数年間の潜伏期間を経て、目に見えるような大きさのイボに成長します。放置すると、どんどん大きくなったり、他の皮膚にうつって徐々にイボの数が増えてゆくことがあります。他の人に触ったり、ドアノブや床、スリッパなどを通じて他人にもうつすことがあります。特にアトピー性皮膚炎や手荒れの方は引っ掻いたりしてうつりやすいので注意が必要です。特殊なウイルス性イボとして「青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい。顔面に多発するイボ)」や尖圭コンジローマ(陰部にできる性病)などもあります。


【診断】

一見、タコやウオノメのようにみえますが、表面がザラザラしていることから診断できます。タコやウオノメと間違えて、長年放置して悪化してしまった患者さまも少なくありません。医師でも時にタコやウオノメと区別が難しいこともあり、皮膚科専門医の診察が望ましいです。ダーマトスコピーという特殊なレンズを使用して診断できることもあります。場合によっては、イボの全体や一部を切除して診断する場合もあります。


【治療】

現在では特効薬は残念ながら存在しておりません。放置しておくといずれ自然に治る場合もありますが、通常は液体窒素(チッ素)という冷たい液体でイボを凍らせて治してゆきます。

液体窒素治療はイボウイルス感染細胞にダメージを与え、イボに栄養を与えている血管にダメージを与えイボを兵糧攻めにし、イボに対する体の免疫力を高めるなど複数の作用をもった優れた治療法です。ただ、この治療法は残念なことに痛みを感じるため、痛くない方法も併用してなるべく早く治してゆきます。

スポンサーリンク

痛くない治療方法

治療法が多くあるということは、それだけイボが治りにくいということの表れでもありますが、患者の方々にあった治療を組み合わせる必要があります。

・サリチル酸絆創膏を貼る
・活性型ビタミンD外用
・グルタルアルデヒド外用
・漢方薬(ヨクイニン)の内服
・暗示治療


暗示治療も効き目があるとされ、免疫の活性化によると考えられています。イボとり地蔵にお参りするのも効果があると言われており、地蔵ではありませんが松戸だと平戸弁天のイボ弁天 が有名なようです。ウイルス性イボは心の力で治る病気なのです。

その他にモノクロル酢酸塗布、抗がん剤局所注射、インターフェロン局所注射、レーザーや電気メスによる焼灼術、手術による摘出、尿素クリーム外用、ビダラビン外用、グルタルアルデヒド外用、フェノール外用、エタノール外用、レチノイド内服、胃薬(シメチジン)内服、消炎鎮痛剤内服、十味敗毒湯内服、セファランチン内服、お灸など数多くの治療法が報告されています。

日常生活における注意点としては、イボが小さなうちに治したほうがよいです。早めに皮膚科を受診しましょう。手荒れがあるとイボが広がりやすいため、手荒れの治療も同時に行いましょう。男性の顔にイボができているときは、ヒゲそりでイボが広がることがあります。電気シェーバーでやさしくヒゲそりをしましょう。
靴下などの洗濯物を別にする必要はありません。液体窒素の治療で水ぶくれや血豆になることがありますが、心配いりません。医師の指示通りに処置しましょう。


老人性イボ(脂漏性角化症、老人性疣贅)

ごくありふれた良性腫瘍のひとつです。30歳を越えるころから顔、首、手の甲などに若干盛り上がり、表面がザラザラした黒いイボができてきます。首に無数にできた黒いイボ(スキンタッグ)も、この老人性イボの場合が多いです。他に体や頭など全身の皮膚に発生します。加齢や日光、体質などが原因です。

女性はもちろんですが、男性患者さまも「イボが気になる」という方がたくさんいます。顔のイボをとるだけで、見た感じがずいぶん変わることも多いです。 検査・治療は健康保険が使えます。

表面がザラザラし、盛り上がった黒いイボであることを肉眼的に確認すれば老人性イボと診断されます。黒くないタイプ、ほとんど隆起しないタイプもあります。皮膚癌との区別のために、ダーマトスコピーという特殊なレンズで診断することもあります。また、皮膚癌も含めて他の皮膚腫瘍と区別が難しい場合は、腫瘍の一部を切除し、顕微鏡で観察することにより診断することがあります。

治療は液体窒素(チッ素)による凍結治療が一般的です。大きなものだと手術によって切除が必要なこともあります。

日常生活における注意点は、紫外線(日光)は日ごろから避けましょう。男性の顔のイボは、ヒゲそり時にカミソリで傷つけないように気をつけましょう。頭のイボは、クシで傷つけないように注意しましょう。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form