介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

肝炎について

B型肝炎について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症します。


感染

B型肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染します。その感染形態には1)水平感染と2)垂直感染とよばれるものがあります。

1)水平感染
 ・ウイルス陽性の方との性行為で感染
 ・ウイルス陽性の輸血による感染
 ・ウイルス陽性の血液が傷のある場所に付着したり、医療従事者の針刺し事故による感染

2)垂直感染
B型肝炎ウイルスに感染している母親から子供が生まれる際の感染(母子感染)

現在では検査体制が確立したため輸血製剤の感染はほとんど見られません。また、母子感染においても適切な感染予防対策がとられるようになり、その感染はほとんどみられなくなっております。
上記のような感染の機会に心当たりのある方は、B型肝炎ウイルスの検査をされることをお勧めします。


治療

慢性B型肝炎の治療の目的は、その後の肝硬変への移行と肝細胞癌発症の阻止にあります。
現在の抗ウイルス療法は1)インターフェロンと2)核酸アナログ製剤によるものです。

1)インターフェロン(IFN)
 ・IFNα
 ・IFNβ

2)核酸アナログ製剤
 ・ラミブジン Lamivudine(ゼフィックス ZefixR)
 ・アデフォビル Adefovir(ヘプセラ HepseraR)
 ・エンテカビル Entecavir(バラクルード BarecludeR)

現在は、核酸アナログ製剤の中でエンテカビルが第一選択で用いられています。
治療薬の選択は、年齢や肝障害の程度やウイルスの状態で判断されます。

抗ウイルス療法以外に、肝炎の鎮静化をはかるため下記の薬剤が使われます。
 ・グリチルリチン(SNMC:強力ネオミノファーゲンCR)
 ・ウルソデオキシコール酸(UDCA:ウルソR・ウルソサンR)

治療薬の選択は、年齢や肝障害の程度やウイルスの状態で判断されます。また、核酸アナログ製剤の中でエンテカビルが第一選択で用いられています。

治療におけるガイドラインは年ごとに改訂され複雑化しております。適切な診断と治療を行うために肝臓専門医の受診をお勧めします。

スポンサーリンク

C型肝炎について

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症します。


感染

C型肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染します。輸血後肝炎と言われ輸血により感染した患者さんが多いのも特徴です。

 ・ウイルス陽性の輸血による感染
 ・ウイルス陽性の血液が傷のある場所に付着したり、医療従事者の針刺し事故による感染

上記のような感染の機会に心当たりのある方は、C型肝炎ウイルスの検査をされることをお勧めします。

ウイルス検査

HCV抗体:検診等にてスクリーニングで施行。感染の機会があったかどうかの判断になります。現在の感染だけでなく過去の感染でも陽性になります。
HCV-RNA:C型肝炎ウイルスのRNA量を測定します。HCV抗体陽性でも、HCV-RNA陰性の場合は既感染・治癒症例と診断します。


治療

慢性C型肝炎の治療の目的は、その後の肝硬変への移行と肝細胞癌発症の阻止にあります。


インターフェロン(IFN)が標準治療です。
 ・PEG-IFNα2a(ペガシスR)+Ribavirin(コペガスR)
 ・PEG-IFNα2b(ペグイントロンR)+Ribavirin(レベトール R)

上記に加え、プロテアーゼ阻害薬を加えた3剤併用療法が主流になっております。

また、今年中にインターフェロンを使わない副作用の軽減が期待できる経口薬が保健適応される予定です。

抗ウイルス療法以外に、肝炎の鎮静化をはかるため下記の薬剤が使われます。
 ・グリチルリチン(SNMC:強力ネオミノファーゲンCR)
 ・ウルソデオキシコール酸(UDCA:ウルソR・ウルソサンR)

治療薬の選択は、年齢や肝障害の程度やウイルスの状態で判断されます。

C型肝炎の治療は進歩しております。適切な診断と治療を行うために肝臓専門医の受診をお勧めします。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form