介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

高血圧

50歳以上の2人に1人は高血圧であるといわれており、日本には3,000万人以上の高血圧患者がいると推測されています。心臓はポンプのように収縮と拡張を繰り返して、全身に血液を送り出しています。血液の流れを血流といい、血流の影響で動脈の壁にかかかる圧力を血圧といいます。

心臓が収縮するときに血圧は最も高く、収縮期血圧(上の血圧)と呼ばれ、心臓が拡張するときに血圧は最も低く、拡張期血圧(下の血圧)と呼ばれています。収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上の場合を高血圧といいます。


血圧が高いだけでは無症状であることが多いため、血圧が高いことに気づかなかったり、高血圧と指摘されても放置してしまうことが少なくありません。高血圧はよくないと漠然とはわかっているものの、なにが問題になるのかが意外と知られていません。

高血圧の怖さは動脈硬化が進展することです。その結果、動脈の内腔が狭くなったり詰まったり、逆に膨張(瘤)して破裂することもあり、致死的な病気を引き起こしかねません。 脳の動脈の内腔が詰まってしまうと、脳梗塞が起こり、破裂してしまうと脳出血が起こります。心臓の動脈(冠動脈)の内腔が狭くなると狭心症が起こり、詰まってしまうと心筋梗塞になります。

さらに、心臓では高血圧が続くとより強い力で血液を送る必要があるため、筋力トレーニングのごとく心臓の筋肉が徐々に肥大(心肥大)してしまいます。その限界を超えると、心臓の機能は低下して、心不全となります。腎臓では、小動脈が動脈硬化を起こして、腎機能が低下します。腎不全の末期では透析療法を必要とすることもあります。

このように高血圧は知らず知らずのうちに命に関わる合併症を引き起こすことから、「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれています。


高血圧の症状

高血圧の初期の段階では、ほとんどの人が無症状です。血圧がある程度高くなると、頭痛、肩こり、倦怠感、動悸等の症状がみられることもあります。しかし、これらの症状は高血圧に限ったことではないため、別に原因があるのではと考えがちであり、血圧が高いことに気づかない人も多いようです。このため、検診で初めて高血圧を指摘されることもよくあります。

スポンサーリンク

高血圧の原因

高血圧は本態性高血圧と二次性高血圧の2種類があります。二次性高血圧は、腎臓、副腎、甲状腺等の異常が原因で血圧が高くなる疾患であり、原因を治療することにより血圧を改善できます。一方、本態性高血圧は高血圧全体の80%以上を占めていますが、その原因はいまだに解明されていません。しかし、本態性高血圧は、食塩の摂り過ぎ、肥満、ストレス、遺伝等が関係していることがわかってきています。


血圧測定

血圧は常に一定という訳ではなく、時間帯により変動します。起床時に血圧は最も高く、就寝時に最も低くなります。特に、起床時に急激に血圧が上昇することがあり、モーニングサージと呼ばれています。この急激な血圧上昇により動脈の壁が傷つきやすくなります。実際、心筋梗塞の発症が最も多い時間帯は早朝です。

また、血圧は季節によっても変動します。気温が10℃低下すると、平均して上の血圧は13mmHg、下の血圧は7mmHg上昇することが知られています。冬に最も血圧が高くなるため、心筋梗塞は冬に最も多く発症します。

家庭での血圧値は、1日2回の血圧測定を推奨します。血圧の不安定な起床時や食後ではなく、朝食前と夕食前の2回測定して下さい。椅子に背筋を伸ばして座って、腕に力を入れずにリラックスした状態で測定します。治療効果や経過をみるために重要な指標となるため、血圧手帳等に記録する習慣をつけて下さい。最近ではいろいろな血圧測定器が市販されていますが、上腕で測る血圧計が最も信頼性が高いです。一方、手首および指で測る機器は測定値の変動が大きいため、信頼性は劣ります。

高血圧の人に限らず、血圧を病院で測ると家庭よりも高い測定値がでることがよく知られています。特に、家庭での血圧値は正常で、病院で測定すると140/90mmHg以上となる場合は、白衣高血圧と呼ばれています。家庭の血圧は落ち着いた状態で測定するため、信頼度が高いといえいます。このため、白衣高血圧は治療対象にならないことも少なくありません。しかし、左室肥大などの高血圧の合併症がある場合は、病院以外でも血圧が高くなっていることが多く、治療の必要があります。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form