介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

C型肝炎について

・C型肝炎とはどんな病気?

 特に自覚症状はないんだけれど、健康診断で肝臓が悪いといわれ、調べたらC型肝炎だった。あるいは、献血をしたら、C型肝炎といわれた。このような経験をされた方はいませんか?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)が肝臓に住み着いており、多くの場合徐々に進行して、慢性肝炎から肝硬変、さらには肝臓癌をおこしてくる慢性の病気です。このようなC型肝炎の人は日本で100万人以上いるとされています。近年肝臓癌で亡くなる方は、年間3万人を超えて年々増加し、肺癌、胃癌に続いて癌による死亡原因の第3位となっています。この肝臓癌で亡くなる方の8割が、C型肝炎です。


・C型肝炎はどやってうつるの?

 C型肝炎ウイルスは血液を介して感染します。まだC型肝炎のくわしいことがわからなかった10年以上前では、輸血や十分消毒されていない注射器の使い回しなどから感染したと考えられます。現在(1994年以降)では輸血用血液に対してC型肝炎ウイルスのチェックがされており、ほとんどの医療機関で使い捨ての注射器が使用されていますので、新しくC型肝炎に感染することはまずありませんが、以前輸血を受けたことがある方は、1度C型肝炎のチェックを受けた方が良いでしょう(特に輸血後に黄疸が出た方)。C型肝炎の方と一緒に暮らしても、日常生活でうつることはありません。感染力が弱いので、性的な関係でうつることもほとんどないとされています。(B型肝炎は性的な関係で感染します。)



スポンサーリンク

・ C型肝炎にうつるとどうなるの?

 C型肝炎ウイルスに感染すると、通常数週間の潜伏期を経て急性肝炎をおこします。症状は微熱、食欲不振、全身倦怠感などかぜに似た症状です。A型急性肝炎やB型急性肝炎に比べて、C型急性肝炎は症状が弱いので、気づかずにすぎてしまう場合もあります。しかしA型や成人のB型急性肝炎は症状がおさまれば治ってしまいますが、C型急性肝炎はその約60〜80%が慢性化します。慢性肝炎の時期は自覚症状がないために、たまたま血液検査で肝臓の障害を指摘されて気がつく場合がほとんどです。こうして気づかれないまま、慢性肝炎が徐々に進行すると、その約30〜40%の人は約20年で肝硬変になると言われています。肝硬変がさらに進行すると、黄疸、腹水、食道静脈瘤、肝性脳症といった様々な合併症がでてきます。なかでも肝臓癌の合併率が高く、肝硬変になった人の60〜80%はC型肝炎にかかってから20?30年で肝臓癌を発症します。

・ C型肝炎かどうかはどうやって調べるの?

 C型肝炎かどうかは血液検査でC型肝炎ウイルスに対する抗体であるHCV抗体を測定することでわかります。HCV抗体が陽性であれば、現在あるいは過去にC型肝炎に感染したことがわかります。さらにC型肝炎ウイルスが現在も感染しているかどうかは、C型肝炎ウイルスの遺伝子であるHCV-RNAを測定します。これが陽性であれば現在もC型肝炎ウイルスに感染していることがわかります。
 GOT,GPT(あるいはAST,ALT)という言葉をお聞きになったことはありませんか?これらは肝臓の細胞の中に含まれている酵素で、肝炎で肝臓の細胞が壊れると血液中に漏れ出して基準値よりも高くなります。ですからGOT,GPTが高値の場合肝臓に障害があることがわかります。慢性肝炎の場合この異常が6ヶ月以上続く場合を言います。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form