介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

中耳炎・外耳炎

■外耳炎とは
 外耳道炎ともいわれるもので、耳の穴のおできのことです。不潔な耳かき、マッチの棒、指のつめなどで耳の中をかいて傷を作った場合に感染を起こして発病します。耳垢栓塞のある人がプールなどで泳いだ時に、きたない水が入ると、耳垢がしめって膨張し、それに細菌が混入して毛穴を中心に炎症がはじまることも多いです。
 症状は、はじめは軽い痛みですが、後にははげしい痛みになって、夜眠れない程になることもあります。耳をひっぱったり、入り口を押したりした時や、物をかむときに痛みが起こるか強くなります。
 治療は、耳鼻咽喉科での局所の処置、抗生物質、鎮痛剤などを服用します。


■急性中耳炎とは
 中耳に細菌やウイルスが入り、急性の炎症が起きて膿がたまる病気です。中耳には鼻の奥に通じている耳管〈じかん〉が開いています。細菌やウイルスが耳管を通って中耳に入ると、中耳の粘膜に急激に炎症を引き起こします。このように、中耳炎はかぜを引いたときなどに鼻やのどの炎症に引き続いて起こることが多いのです。
 症状は、ずきずきする激しい痛み、発熱、耳漏(耳だれ)、耳がつまった感じなどが起こります。乳児などでは痛みを訴えられないために、機嫌悪くぐずったり、しきりに耳に手をやったりします。
 治療は、軽症の場合は抗生物質や消炎剤などを服用したり、耳に炎症をやわらげる薬液をたらすなどの治療をします。耳だれがある場合には清拭〈せいしき〉、吸引、洗浄などを行います。鼓膜の腫(は)れがひどく痛みが強い時や、熱が高い時は鼓膜を切開して、たまっている膿を出します。また、かぜの症状や、鼻づまり、鼻水が多いときはのどと鼻の治療も行います。
 きちんと治療をすれば、ほとんどの場合は完全に治ります。途中で治療をやめてしまうと、滲出性中耳炎などに移行してしまうことがあります。耳鼻咽喉科で完全に治ったといわれるまで、きちんと治療を受けることが大切です。
 中耳炎にならないように気をつけることとして、鼻やのどに炎症がおきて、鼻水や疲・咳が長く続くときは、耳鼻咽喉科で治療を受けるようにしてください。鼻のかみ方が悪いと細菌を耳の中に押し込んで中耳炎を起こすことがありますので、鼻は片方ずつゆっくりとかみましょう。
 スイミングは、中耳炎が完全に治って医師の許可があるまでは泳ぐのはやめましょう。ふだんでも、鼻水が出ている時や、かぜ気味の時にプールに入ると、急性中耳炎を起こしやすいので注意してください。


■慢性中耳炎は
 慢性中耳炎には二つのタイプがあります。
 一つは慢性化膿性中耳炎〈まんせいかのうせいちゅうじえん〉と呼ばれるもので、急性中耳炎が治りきらず、鼓膜に穴があいたままとなり、耳漏(耳だれ)を繰り返すタイブです。
 もう一つは真珠腫性中耳炎〈しんじゅしゅせいちゅうじえん〉と呼ばれるもので、周囲の骨をこわして進行します。真珠腫は外耳道や鼓膜の表皮が中耳腔に侵入して形成された組織であって、腫瘍ではありません。
 中耳に形成された真珠腫により耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)がこわされて難聴を、時には三半規管を入れている骨がこわされてめまいを、顔面神経をおおってい る骨がこわされて顔面神経まひを、頭蓋底の骨がこわされて髄膜炎〈ずいまくえん〉をひき起こしたりします。
 両タイプとも、音を内耳に伝える大切な役割を担っている鼓膜、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨がこわされますので難聴となります(伝音難聴)。
 慢性化膿性中耳炎の治療は基本的には急性中耳炎と同じです。薬を服用したり、耳の処置を受けることにより耳だれは止まります。しかし鼓膜に穴があいているため耳に水が入ったり、かぜ(感冒)をひいたりすると耳だれを繰り返します。再発を防ぐためには鼓膜にあいた穴をふさぐなどの手術が必要です(鼓膜形成術といいます)。
 真珠腫性中耳炎の治療は基本的には手術です。中耳から真珠腫を取り除き、こわされた「鼓膜→ツチ骨→キヌタ骨→アブミ骨」といった一連の音を伝える伝音経路を再建して聴力を取り戻す手術をします(鼓室形成術といいます)。

スポンサーリンク

■滲出性中耳炎とは
 鼓膜の奥の中耳腔という部屋に滲出液という液体がたまる病気です。中耳の粘膜の炎症と耳管の働きが低下すると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔にたまるようになると考えられています。中耳腔の圧は外界の圧に比べて低くなり(陰圧)、鼓膜は中耳腔側に引き込まれます。中耳腔の滲出液と陰圧により鼓膜の振動が制限され難聴となります。 耳管は中耳腔の内圧を調整したり、貯留液を鼻の奥に排出する大切な役を担っている器官です。
 子どもでは3歳ごろから10歳ごろまでに多く見られます。子どもの難聴の原因では一番多いものです。

 原因は、急性中耳炎が十分に治りきらずに鼓膜の内側の中耳腔に膿〈うみ〉が滲出液となって残ってしまう場合です。普通、中耳炎の膿は中耳腔の粘膜から吸収されるか、中耳腔と鼻の奥をつないでいる耳管(じかん)という管を通ってのどのほうに排出されます。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気やのどに慢性の炎症がある場合、アデノイドが大きい場合などは耳管から滲出液を排出するはたらきが悪くなり、滲出性中耳炎になりやすくなります。
 滲出性中耳炎で中耳腔にたまっている液体は中耳の粘膜からしみでたものです。鼓膜に穴があいていないかぎり、水泳や洗髪で耳(外耳道)に入った水が中耳腔まで入るこ とはありません。

 症状は、急性中耳炎と違って強い痛みや発熱をともなわないのが特徴です。難聴が唯一の症状であることも多く、その程度も軽い場合が多く気づくのが遅てしまうことも よくあります。難聴は、日常生活ではテレビのボリュームを上げる、呼んでも返事をしないことなどで気づかれます。本人も家族も難聴に気づかず、学校健診などでの聴力検査ではじめてみつかることもよくあります。

 診断は、鼓膜の状態を顕微鏡や内視鏡で拡大して観察し、レントゲンやきこえの専門的な検査の結果によって診断します。鼓膜をとおして中耳腔にたまっている滲出液を確認できることもあります。聴力検査や鼓膜の動きを見る検査によって病気の程度もわかります。

 治療は、中耳腔にたまっている滲出液をなくしてきこえを良くするための治療と、耳に悪い影響を与えている鼻やのどの病気に対する治療とを並行して行うことが大切です。
 耳に対する治療は、きこえの状態がかなり悪い場合は鼓膜を少し切って中耳腔にたまっている滲出液を吸い出す鼓膜切開術を行い、きこえの改善をはかります。病気の程度が軽い場合には薬による治療や、鼻から中耳に空気を送る耳管通気くじかんつうき〉という処置を行います。滲出性中耳炎を繰り返したり、重症の場合は鼓膜を切開しチューブを留置する手術を行います。
 適切な治療を受ければほとんどの場合は完全に治ります。ただし、治療には時間がかかる場合も多く、根気よく通院する必要があります。耳鼻咽喉科医の指示に従って治療を受けてください。不十分な治療などのために、あとで入院手術が必要になる癒着性中耳炎〈ゆちゃくせいちゅうじえん〉や真珠腫性中耳炎〈しんじゅしゅせいちゅうじえん〉になることもありますので放置することは避けてください。

 鼓膜切開術:滲出性中耳炎に対して行われる鼓膜切開術〈こまくせっかいじゅつ〉は鼓膜の内側の中耳腔にたまっている滲出液を吸い出すことで聞こえをよくするとともに、中耳の風通しを一時的によくして、中耳の粘膜の状態を改善する目的で行われる手 術です。
 鼓膜を麻酔してからメスで鼓膜の一部を切開しますから痛みはありません。鼓膜の穴は数日で自然に閉じます。

 鼓膜チューブ留置術:鼓膜切開術と同じ目的で鼓膜に小さいシリコンやテフロンのチューブを煙突のように立てて留置する手術です。チューブを留置することにより鼓膜の内側の中耳腔と鼓膜の外側の外気が数カ月から1年以上開いた状態で流通を維持できま す。
 多くの場合、チューブは自然に抜けますが、脱落しない場合は中耳炎の治り具合をみて適当な時期に抜きます。
 スイミングは、耳や鼻の病気に対してはあまりょくないことは確かです。以前はなんでも駄目ということが多かったのですが、最近はその子の状態によって滲出性中耳炎の治療中でもプールに入ることは可能といわれています。かかりつけの耳鼻咽喉科医とよく相談してください。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form