介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

アレルギー性鼻炎(花粉症)について

 人の鼻では、侵入してきた特定の物質(抗原)を自分以外の物質(異物)と判断すると、それを無害化しようとする反応(抗原抗体反応)がおこります。その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が出てくる病気をアレルギー性鼻炎と言います。花粉症は草花の花粉が原因となるアレルギー性鼻炎のことです。

アレルギー性鼻炎は決まった季節だけに鼻の症状が起きる季節性アレルギー性鼻炎と、ダニや家のほこり(ハウスダスト)が原因で一年を通じて起きる通年性アレルギー性鼻炎に分けられます。花粉症は季節性アレルギー性鼻炎の代表的な病気です。ただし、花粉症では鼻炎の他にも、結膜炎や咽頭炎など鼻以外のアレルギー性炎症も起こります。花粉症は国内だけでも約60種類あります。そのうち、春におきるスギ・ヒノキ花粉症がわが国では最も多く見られます。初夏にはカモガヤなどのイネ科の草花、秋にはブタクサ・ヨモギなどキク科の草花による花粉症も見られます。北海道で見られるシラカバ花粉症のように、地域特有の花粉症もあります。
 症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど鼻の症状が長く続くため、生活の質(QOL)は、心身ともに低下します。鼻づまりによる口呼吸のために、のどの渇きや痛み・かゆみ、頭痛を訴えることもあります。その他、不眠、授業中の居眠り、イライラ感、全身倦怠感や集中力の低下など学業への影響が出ることもあります。

医師の診察を受けるアレルギー性鼻炎の子どもは、6歳前後から急に増えます。平成12〜16年度の5年間の日本耳鼻咽喉科学会学校保健委員会の調査では、アレルギー性鼻炎にかかった率は小学校で8.9%、中学生で11.3%と報告されています。最近は症状の出始めの年齢が低くなる傾向にあります。また、以前は子どもには少ないとされていた花粉症も増加しています。親のアレルギー体質は子どもに受けつがれることが多く、両親や兄弟にアレルギーがあると、アレルギー性鼻炎がおこりやすいといえるでしょう。ただし、アレルギー性鼻炎の症状が出る時期(発症時期)や、アレルギーを引き起こす原因物質には個人差があります。また、すべてが遺伝によって決まるわけではなく、さまざまな生活環境も影響します。工場地帯や交通量の多い街道沿いなど大気汚染のひどい地域では、住宅地や田園地帯よりもアレルギー性鼻炎が多いと言われています。また花粉症では、原因となる植物の分布や風向きなどが影響します。
 診断は、まず鼻の中の状態を観察することからはじめます。アレルギー性鼻炎の疑いがあれば、鼻水の中の細胞(好酸球)を調べたり、血液中のlgE抗体(抗原抗体反応に深く関わる物質)の値を測ります。アレルギーの原因物質を探る検査(抗原検査またはアレルゲン検査)としては、1)皮膚試験、2)鼻粘膜誘発試験、3)特異的lgE抗体検査などがあります。これらの検査結果を総合して、アレルギー性鼻炎を診断します。

スポンサーリンク

 治療としては、この病気が体質にかかわっているので、本質的にr治す」というのはむずかしいのですが、治療や日常生活での注意(抗原との接触を絶つことなど)により症状を軽くしたり、出にくくすることはできます。その治療としては、抗原をごく少量注射することから始め、次第に量を増やして、からだの免疫力を高める治療法(減感作療法)があります。抗原がハウスダストの場合は70−80%、花粉症では30−60%の有効率ですが、数年間、治療を続けることが必要です。
 耳鼻咽喉科では、その他に鼻水や鼻づまりをなくすために鼻の中を吸引し、薬を噴霧する鼻処置や薬の吸入治療(ネブライザー)を行います。内服薬としては抗ヒスタミン薬などがあり、外用薬としては点鼻薬が使われます。最近はさまざまな種類の薬が開発されて、症状やその程度に応じて使い分けられています。耳鼻咽喉科医とよく相談して、自分にあった治療方法を見つけてもらってください。なお市販の点鼻薬の中には連用すると逆に症状を悪くするおそれのあるものもありますので、注意が必要です。

 薬以外の治療法としては、アレルギー反応のおきる鼻の粘膜をレーザー照射したり、器具や薬を用いて焼灼くしょうしゃく〉する手術療法などがあります。その他、鼻づまりがなおらないときには、鼻中隔〈びちゅうかく〉という左右の鼻のしきりをまっすぐにしたり、鼻の粘膜を切除する手術が行われます。手術に関しては、耳鼻咽喉科医とよく相談してください。

 予防方法は、原因物質(抗原)との接触を断つことが一番重要です。ハウスダストやダニが原因であれば、寝具を日光に干したあと、掃除機でほこりやダニを吸い取ります。室内の掃除を頻回に行い、換気に注意し、ダニが発生しやすいカーペットや敷物の使用は避けましょう。花粉症の場合は、晴れた日や風の強い日の外出をなるべく控えます。また、帰宅時には室外で花粉を払い落とし、うがい・洗顔・洗眼などを行います。その季節には、窓も閉めておきましょう。花粉が飛びはじめる少し前から、予防的に薬を使いはじめる方法もあります。日ごろから体調を整え、過労、ストレスを避け、規則正しい生活を心がけることも大切です。また、水泳は皮膚を刺激して鼻の過敏性を低下させ、体質改善もはかれるので、結果としてアレルギー性鼻炎をおこしにくくする効果があります。しかし、プールの水の塩素濃度や水質が適正であることが大切な条件です。また、アレルギー性鼻炎の症状が強いときは、中耳炎になりやすいので、水泳は休んだほうがよいでしょう。いずれにせよ、かかりつけの耳鼻咽喉科医とよく相談したうえで決めましょう。

 他の病気との関連について、アレルギー性鼻炎は喘息やアトピー性皮膚炎など、他のアレルギー疾患との関係が深いことがわかっています。また、鼻づまりや鼻水が続くと気管支炎などの呼吸器疾患や急性中耳炎、滲出性中耳炎〈しんしゅつせいちゅうじえん〉を起こしやすくなります。最近では、従来の慢性副鼻腔炎〈まんせいふくびくうえん〉とは異なるタイプの、アレルギーが関係する副鼻腔炎も注目されています。

 アレルギー性鼻炎を起こしている粘膜は薄くて傷つきやすい、鼻がかゆくてこすりやすい、くしゃみが出やすく、鼻をなんどもかむためなどで、鼻血が出やすくなります。適切なアレルギー性鼻炎の治療を受けると、鼻血は出にくくなります。またアレルギー性鼻炎の症状はrかぜ」のひきはじめの症状と似ているので、気をつけましょう。他にアレルギー性鼻炎に近い病気で、抗原がはっきりしない血管運動性鼻炎があります。これは症状がとてもよく似ており、治療もアレルギー性鼻炎と同じような方法が用いられます。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form