介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

脊柱管狭窄症とは

中高年男性に多い脊柱管狭窄症は、神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態を指します。
椎間板ヘルニアのなれの果ての状態と言えます。

また脊椎すべり症(上下の背骨がずれ)で、脊柱管が狭くなった場合にもありえます。
神経および神経周辺の血管も圧迫されるため、脊柱管内で上下の自由移動ができず、数百m、数十m歩くと痛みやしびれで立ち止まり、休憩しなければ次の歩が進まない間歇跛行(かんけつはこう)が生じてきます。しゃがんだり、前屈すると血管や神経の首絞め状態が開放されるため、再びしばし動けるようになります。

初期から中軽度の場合は、脊柱管内に仙骨ブロック等を定期的に行い、神経周辺を滑りやすくしてやると、歩行距離が延び坐骨神経痛も緩和してきます。
繰り返しのブロック注射でも痛みが治まらない場合は、ロビンフッド挿入術もしくは内視鏡下脊柱管拡大術が必要となってきます。


スポンサーリンク

背骨の屈伸は椎間板の内圧を変化させ、脊柱管内の神経への圧迫度や可動性に影響を与えます。立位後屈で脊柱管は最も狭くなり、神経の動きが非常に悪くなり症状が悪化します。
一方、坐位やしゃがみ、杖やカートで前屈すると脊柱管は広くなり、神経が自由に動けるため症状は軽快します。

坐骨神経痛・両脚のしびれ・歩行距離が短い・間歇跛行等の症状がブロック注射等にても3ケ月以上変化がなく、坐っていても症状が楽にならないというやや重度の方には内視鏡下脊柱管拡大術が根治的手術として必要となってきます。

椎間板ヘルニアで骨棘がある場合や、脊柱管狭窄を合併している場合にも本手術法が行われます。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form