介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

食物アレルギーってどんな病気

食物アレルギーとは、食べたり飲んだりした時に食品中のアレルギー物質を取り込むことによって起こる身体のさまざまなアレルギー反応のことを言います。主にじんましんや湿疹などの皮膚症状、下痢、嘔吐など消化器症状、咳やぜんめい(ゼーゼー)などの呼吸器症状が引き起こされます

食物アレルギーの原因となるのは、食物に含まれているタンパク質です。乳児期に一番多いのが卵・牛乳・小麦で、幼児期にそば、ピーナッツ、魚類、果物などのアレルギーが加わり、学童期から成人にかけては、卵・牛乳が減り、そばや甲殻類が増えてくるのが特徴です。

食物アレルギーの症状が出るまでの時間について、多くは食物を摂取してから約2時間程度でみられる即時型反応ですが、やや遅れて症状がでたりする場合や運動することで症状が出る場合もあります。様子をみていると、だんだん治まっていくこともありますが、なかには短時間で急激に深刻な症状(アナフィラキシーショック)に変化していく場合もありますので、その際は速やかに医療機関を受診していただく必要があります。


食物アレルギーの診断と治療

食物アレルギーの症状が出た際には、血液検査や皮膚テストによりアレルギー症状がどの食品に対して関連しているのかを調べます。実際に検査によりある食べ物が疑われても、必ずしもその食べ物が原因ではないこともあります。

血液検査などの結果だけで食べ物を除去してしまうと、アレルギーの原因ではない食べ物を制限されて栄養が不足してしまう場合もあり、患者さまやご家族の健康や生活のクオリティにも関わってきます。本当に食べられないものは何かを正確に診断するために最終的な方法として、アレルゲンと考えられる食物を実際に少量ずつ食べてみて症状が出現するかどうかの様子をみる食物負荷試験があります。

スポンサーリンク

アレルギー疾患に対する根本的治療である免疫治療(減感作治療)

現在唯一のアレルギーの根本的治療です。当医院ではハウスダストとスギの治療を行っています。
適応はアレルギーの重症な方と根本的に治したい方です。定期的にアレルギーの原因のエキスを皮内注射して特別な免疫を付けます。
皮内注射は大変細い針を使いますので、痛みは少なく、五歳の子供でも可能です。治療は1回〜2回/週から開始して、注射するエキスの濃度を徐々に濃くしていきます。ある程度の濃度になってから、通院の間隔を開けていき、半年後くらいには1回/月になります。
全治療期間は最低3年、出来れば5年以上というのが一般的です。費用は通常のアレルギー薬よりも安く、医療機関としては完全に赤字です。
成功率はハウスダストで約90%、スギでは約80%です。副作用としては、皮膚のかゆみと発赤がほとんどです。
ごく稀に注射後30分以内に喘息の発作や軽いショックがおこることがありますが、注射の前に抗アレルギー剤を内服すると、ほとんど避けられることが分かってきています。また、副作用に対応できるだけの薬剤や酸素、AEDを含む救急セットも常備し、バックアップして頂ける病院と連携が出来ています。
平成26年にはスギのみ経口減感作治療の保険が通りそうで、保険が通り次第当医院でも開始します。この治療は自宅で口の中にスギのエキスを置く治療で、通院回数はかなり減らすことが出来そうです。ただ、スギの使用するエキスの量を増やすことが必要で患者さんの負担が増える可能性も指摘されています。ハウスダストにはこの治療は予定されていません。


花粉症、鼻アレルギーに対するレーザー治療

アレルギーの内服薬や点鼻でも効果の少ない場合や眠気の出やすい人、妊娠中などで通常の薬が使えない人、薬を出来るだけ使いたくない人に検討します。当医院では炭酸ガスレーザーを鼻の中の下甲介という場所に当てて、アレルギー全体の症状を起きにくくします。痛みや出血はほとんどありません。麻酔のガーゼを鼻の中に約30分入れ、治療は約10分以内です。
特に、内服薬の効果が弱い鼻づまりに効果が高い治療です。効果は約半年くらい続きますが、効果には個人差が大きく2年くらい全く症状の出ない方も少なくありません。怖がらなければ小学生でも可能です。スギの花粉症に対しては10月から1月の間に、初回の治療の方と重症の方は2回、2年目からの方は通常1回治療します。ハウスダストやダニに対しては症状がつらくなったら行います。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form