介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

腎臓疾患について

「腎臓」で作られた尿は“尿管”という道を通って『膀胱』という倉庫に送られます。『膀胱』に送られた尿はある一定の量になるまで貯められて、その後トイレの中へ‘尿道’という道を流れて排出されます。

たった4つの臓器と器官で【排尿】というおしっこを作って体の外へ出す仕組みは成り立っています。腎臓は、両側腰部にあってそら豆の形をしていることは御存知と思います。大きさは人のこぶし大で約120〜150gの重さです。そして、尿を作って出す排泄機能とホルモンを作る内分泌腺としての働きをします。

腎臓で尿を造るには2つの大きな役割が必要になってきます。1つは、糸球体と呼ばれる所でのろ過、もう1つが尿細管で行われる再吸収および分泌です。この糸球体は腎臓の中に当然あります。
腎臓をまん中からまっぷたつに割ってみると指を広げたような形をしたものが存在します。指先に毛を生やしたようなフワフワしたものを髄質と呼び、この中に糸球体があります。この糸球体には1本の尿細管と呼ばれる穴の開いたようなろ過装置が付いていて、ここを流れる尿の素が通るうちどんどんろ過され体に必要なものを再び吸い上げていきます。
この糸球体と尿細管を合わせたものをネフロンと呼んでいます。実はこのネフロンが腎機能の単位になります。

健康成人では約、40〜50mmHgのろ過圧で1分間に100〜150ml がろ過されて糸球体ろ過液が作られます。これは、24時間で100〜150lになります。この量を具体的に言うと、お風呂場の浴槽、約1杯分に相当します。そのうち1日に出る尿の量はこの約1%で1000〜2000mlですから、残り99%以上が尿細管で再吸収されることになります。これが腎臓が行う体の浄化つまり、尿を作って体に不要となった物質を尿という形にして体の外へ排出する働きになります。ところが、このネフロンで尿を再吸収するするメカニズムには浸透圧と呼ばれる圧が関係しているのです。血管の中の圧とネフロンの圧がお互い、引いたり押したりして、吸収する量を決めているのです。ですから、どちらかの圧が変わるような状態になると、この働きがおかしくなります。そこで、この圧を調節するために働くのがもう一つの働き、ホルモン分泌です。実はこのホルモン、体の中にある体液のバランスを保つために重要なものなのです。汗をかいたり、吐いたりして体の中の水分やミネラルが減ったりすると自然にバランスよく調節するようになっています。ですから、例えば血圧の調節として働いたり、体内の水の量を調節したりするものとして存在しています。ではこのような大切な働きをする腎臓に病気という異常が起こったらどうなるのでしょう?さぞかし苦しい辛い症状ができのでしょうか。いいえ。その逆です。以外と腎疾患は、一般に初期における自覚症状に乏しく、特異な病状を呈することも少ないため、排尿および尿の異常を知ることがまず1番のポイントになります。

スポンサーリンク

排尿異常として、まず回数の異常があります。正常の膀胱容量は約400mlですから1日尿量1000〜2000mlとすれば排尿回数は1日4〜6回になります。このように考えると2回以下あるいは7〜8回以上は排尿回数の異常であり、病的ということになります。排尿回数が多くなることを頻尿といい、頻尿には1日尿量の増加(多尿)や、膀胱容量の減少、膀胱炎の刺激、残尿、神経性のものがあります。その中でも夜間に3回以上排尿があれば夜間頻尿といって夕方の多量の飲水・前立腺肥大・腎臓尿濃縮機能の低下などの原因でおこります。宴会でアルコールを飲みすぎた晩や、年齢が高くなって尿が出にくくなって何回もトイレに行くなどはまさにこの症状になります。このような状態が続くと、膀胱の中に温かくて体に要らない尿が溜まったままになりますので、あまり良くありませんね。

次に尿失禁ですが、これは本人の意思に関係なく尿が漏れることです。括約筋の機能異常・腹圧・膀胱炎・膀胱内の容量オーバーなどの時にみられます。くしゃみをしたら尿が漏れたりするものこの中に含まれます。

また、尿は腎臓でちゃんと造られ、膀胱まで運ばれているのに貯まった尿が排尿できない状態、つまり尿道が閉塞するために起こるのを尿閉といいます。また、残尿感とは実際に尿が残っているとは限らないのですが、排尿し終わっても尿が残っている感じがすることをいいます。

今、いくつかの起こりやすい症状を挙げてみましたがこのような症状を経験したことがありますか?経験がない方!ちょっと気を付けてこれから御自分のおしっこをチェックしてみませんか?まずは、自分の健康状態をみるために。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form