介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症

高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は骨や靭帯(じんたい)の形態変化が原因です。高齢者の多くは、腰や膝、肩の痛みなど複数の不調を抱えて整形外科を受診されます。主訴が腰痛でなくても、継続的に通院する人の約7割が腰痛を抱えている印象があるくらい、腰痛患者は多いのです。腰痛を起こしている原因には、腹部大動脈解離(ふくぶだいどうみゃくかいり)による緊急性の高い痛みや、尿路結石など泌尿器科系の疾患に伴う痛みなどの場合もありますが、多くは腰椎に由来する痛みです。代表的なものに腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)があり、多くは骨や関節、黄色靭帯(じんたい)などの形態的な変化が背骨の中の脊柱管(せきちゅうかん)という空間を狭くして、中を通っている神経を圧迫するために足の痛みやしびれを引き起こすものです。
50代からちらほら出現し、60-70代になるにつれて増えていきます。「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」といわれるお尻から足にかけての痛みも、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の症状の一つで、腰から分かれて足に向かっていく神経のどこかが傷んだために起こります。

スポンサーリンク

慢性腰痛の一因、骨粗鬆症

腰痛の原因として見逃せないのが、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)で骨がもろくなると、例えば歩いているだけでも骨に傷がついてしまうこともあります。常に小さい骨折が起こると慢性的に痛みが取れなくなります。じっとしていてもジワジワと痛い、動くのが億劫になるような腰の鈍痛は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が主要因かもしれません。
しかし実際には、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療を行っている人は少ないのも事実です。日本では、20-30年前に比べて大腿骨の骨折が激増しており、先進国の中で唯一、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が増え続けています。特に、閉経後の女性はだれでも急激に骨量が減りますから要注意。若いうちから自分の骨密度を知り、バランスの良い食事や運動を続けて骨や筋肉を鍛えておくことが、穏やかで豊かな老後を送ることにつながります。もし骨量が低下していることが分かったら、早めに治療を始めてください。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form