介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

B型慢性肝炎

B型慢性肝炎の特徴

B型慢性肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によっておこる肝臓の病気です。わが国でのHBV感染者(HBVキャリアー)は人口の約1%程度で約120〜150万人のHBV感染者がいると推定されています。その多くは無症候性のキャリアーですが、慢性肝疾患は10万人程度(約3万人は肝硬変、肝細胞がん)と推定されています。

近年、C型肝炎による発がんは、ようやく減少に転じましたが、B型肝炎による発がんは減少しておらず、大きな問題となっています。疫学的調査ではB型肝炎ウイルスキャリアーにおける肝細胞がんの発がんリスクは健常人の約200倍もあるとされています。

発癌リスクを考えるに当たり、非常に重要な因子はHBV DNA(B型肝炎ウイルス遺伝子)の量であり、HBV DNA 量が多いほど発がんのリスクが高くなります。一方で、HBV DNA陰性が3年以上持続した症例からの発がんはほとんどないと考えられています。従って、B型肝炎では抗ウイルス療法が極めて重要です。


B型慢性肝炎の原因

B型慢性肝炎はHBVキャリアーから発症します。また、HBVキャリアーの大部分は日本人の場合は母子感染が原因と考えられています。この予防対策として、1986年に「B型肝炎母子感染防止事業」が開始され、現在は母子感染によるHBVキャリアーの発症は減少しています。

HBVキャリアーの10〜15%では肝機能異常が持続し、B型慢性肝炎に進展します。一方、HBVキャリアーのおおよそ85〜90%は「セロコンバージョン」と呼ばれる現象を経て、肝機能が正常となり無症候性キャリアーとなります。

また、わが国のHBVキャリアーの約3割(おおよそ40万人)が昭和23年〜63年までの集団予防接種の際に注射器が不適切に使いまわされて発症したと考えられています。これに対して、2012年1月13日に「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行され、患者さんの救済が開始されました。

HBVの遺伝子型には8つのジェノタイプ(A、B、C、D、E、G、F、H)があります。日本人のB型慢性肝炎では、ジェノタイプB(85%)が多く、次いでジェノタイプC(12%)とA(2%)も見られます
日本人のB型慢性肝炎で多い、ジェノタイプBとジェノタイプCのHBVは急性肝炎から慢性肝炎なることはなく、これらのジェノタイプのB型慢性肝炎は母子感染と集団予防接種が原因と考えられています。

一方、ヨーロッパや北米に多いジェノタイプAは急性肝炎の約10%が慢性化します。近年では、日本でもジェノタイプAのHBVによる急性肝炎が増え、B型急性肝炎からB型慢性肝炎になることがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

B型慢性肝炎の検査にはどんなものがありますか?

血液検査でAST(GOT)値、ALT(GPT)値、ビリルビン値、HBs抗原、HBc抗体、HBe抗原、HBe抗体、HBV DNA等を測定します。
HBs抗原やHBV DNAが持続的に陽性であればHBVキャリアーと診断されます。また、HBc抗体が高力価(CLIA法で10.00 S/CO以上、あるいは200倍希釈血清がPHA法で陽性)を示す場合もHBVキャリアーと診断できます。
無症候性キャリーと慢性肝炎の鑑別には血液のALT値、AST値、血小板数、腹部超音波検査、腹部CT検査を参考にします。また、血中総胆汁酸量や血中ヒアルロン酸値の上昇が慢性肝炎の診断に役立つことがあります。さらに、慢性肝炎の確定診断のために腹腔鏡検査や肝生検を行うこともあります。
HBVジェノタイプ(遺伝子型)の判定は治療法の選択の目的で行われます。8つのジェノタイプ(A、B、C、D、E、G、F、H)のうちジェノタイプAやジェノタイプBはインターフェロン治療の対象となり、ジェノタイプCは核酸アナログ製剤による治療の対象になります。
また、B型慢性肝炎の治療効果の判定の目的で、血清または血漿中のB型肝炎ウイルスコア関連抗原(HBcrAg)の測定を行います。


B型慢性肝炎ではどんな治療を行いますか?

肝硬変への進展と発癌リスクに影響を与える最も重要な因子はHBV DNAの量です。HBV DNA 量が多いほど肝硬変発症と発がんのリスクが高くなります。従って、B型慢性肝炎ではHBV DNAの量を下げることが最も重要です。
B型慢性肝炎の治療にはインターフェロンや核酸アナログ製剤(ラミブジン、アデホビル、エンテカビル、テノホビル)が用いられます。
核酸アナログ製剤とはB型肝炎ウイルスの複製を抑制する経口の抗ウイルス剤です。現在、日本ではラミブジン(販売名:ゼフィックス)、アデホビル(販売名:ヘプセラ)、エンテカビル(販売名:バラクルード)の3剤が保険適用になっています。
ただし、核酸アナログ製剤は使い始めると長期に使い続けなくてはならないため、35歳未満の若年者のB型慢性肝炎の治療にはインターフェロンが第一選択として用いられます。
一方、35歳以上では核酸アナログ製剤を用いますが、日本ではエンテカビルが第一選択の薬剤として用いられています。
また、インターフェロンはジェノタイプAとBに有効性が高いため、35歳以上でもジェノタイプAあるいはBであればインターフェロン療法を行います。
インターフェロン療法としては持続型インターフェロン(ペグインターフェロン、販売名:ペガシス)を週1回48週間投与する方法と従来のインターフェロン(在宅自己注射も可能)を連日24〜48週間投与する方法があります。
治療により、ALT(GPT)の正常化、HBe抗原の陰性化、HBV DNAの持続低値(一般的には4?5 Log copies/mL以下)あるいは陰性化が起これば、肝癌を発症することは非常にまれであり、こうした状態にするのが、B型慢性肝炎に対する治療目標といえます。
また、インターフェロンや核酸アナログ製剤を長期にわたって投与することは経済的にも大きな負担となるため、B型慢性肝疾患に対する公費による治療費助成度が実施されています。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form