介護・ヘルパー心得ナビ

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

C型慢性肝炎

C型慢性肝炎の特徴

C型慢性肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)の慢性持続的感染により、肝臓に炎症がおこる病気です。HCVは主に血液を介して感染し、まず急性肝炎を発症します。そのうち約3割の患者さんの急性肝炎は短期間で治癒しますが、約7割は肝炎が慢性化し、C型慢性肝炎に進行します。

C型慢性肝炎の進行は一般にゆっくりですが、自然治癒することはまれです。

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、慢性肝炎の状態では、ほとんど自覚症状がありません。また、肝機能が急激に悪化することはありません。

しかし放置すると、5〜30年という長い期間をかけて肝硬変に進行して肝不全を起こしたり、高い確率で肝細胞がんを合併したりして、生命が脅かされます。


C型慢性肝炎の症状

C型慢性肝炎は、急性肝炎と異なり肝機能が急激に悪化するということはありません。また、肝臓は沈黙の臓器と言われ、慢性肝炎の状態ではほとんど自覚症状を認めません。

しかし、慢性肝炎を放置すると5〜30年と長い期間をかけて肝硬変に進行して肝不全を起こしたり、高い確率で肝細胞がんを合併し、生命が脅かされます。肝がんは悪性腫瘍の死亡数の第4位にあり、年間3万人を超える方が亡くなり、その原因の70〜80%がC型肝炎です。


C型慢性肝炎の検査法と診断

診断は、血液検査を行い、HCV抗体、HCV RNA、血清ALTおよびAST値(肝臓の機能を表す数値の一つ)、血小板数を測定し、腹部超音波検査、腹部CT検査を行います。さらに、確定診断のために腹腔鏡検査や肝生検を行うこともあります。

C型慢性肝炎のスクリーニングには、HCV抗体と血清ALT値の測定が用いられています。HCV抗体が陽性ならばHCV-RNA検査などでHCV感染を確認します。HCV感染が明らかになった場合は、HCV-RNA量の測定、HCVゲノタイプ(セロタイプ)検査、肝線維化の進展程度の判定、肝細胞がん合併の有無の判定、腹部超音波検査、腹部CT検査等を行います。

慢性肝炎の診断には血液のALT値、AST値、血小板数を参考にします。腹部超音波検査や腹部CT検査で慢性肝炎の所見が見られることもあります。

スポンサーリンク

C型慢性肝炎の治療法

C型慢性肝炎は早期発見が出来れば、治療によりその進行を防ぐことができます。そのためには肝臓の炎症の原因になるウイルスを駆除するか、あるいは、それが不可能な場合は肝臓の炎症をおさえて病気の進行をとどめることが必要となります。

1992年よりC型慢性肝炎の治癒を目指し、インターフェロン療法が開始されました。インターフェロンはHCVの増えるのを抑えて駆除する薬です。筋肉注射と静脈注射の2種類の薬があります。しかし、かつてインターフェロン単独での効果は30%程度でした。

HCVには、ウイルスの型に1型、2型があり、さらに、ウイルス量が高いタイプと低いタイプがあります。日本に多いのは、1型・高ウイルス量のタイプですが、この型に対し、インターフェロンは、5%程度の効果しか発揮できませんでした。

その後、2000年にインターフェロンに内服薬のリバビリンを併用する治療が始まり、2004年よりペグインターフェロンとリバビリンの併用療法が開始されています。

ペグインターフェロンは長時間効果を発揮するインターフェロン製剤て・週一回投与し、これとリバビリンを併用すると抗ウイルス効果か・高まり、48週間治療(場合によっては72週間)するとウイルスの型が1型・高ウイルス量の難治性C型慢性肝炎でも40〜70%の確率でウイルスの排除が可能になりました。

また、平成23年11月にはプロテアーゼ阻害剤(テラプレビル)が承認され、3者併用療法が開始され、これまでの治療法で駆除できなかったHCVウイルスの排除が可能になっています。

C型肝炎の治療は慢性肝炎の進行と肝臓がんの発症を食い止める事が目標です。症状が出現する前にしっかり治療を開始しましょう。

なお、インターフェロン治療は、所得に応じて医療費助成が受けられます。すでに感染の診断がされている場合の医療費助成、特定フィブリノゲン製剤などによってC型肝炎に感染した、いわゆる「薬害肝炎」の方への給付金支給などの制度もありますので、詳しくは、地元の保健所等に問い合わせてください。

スポンサーリンク

Comments

Comment Form