介護・ヘルパー心得ナビ 【介護福祉 介護支援】

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

介護保険で利用できる地域密着型介護予防サービスと介護予防支援

 
スポンサーリンク
 地域密着型予防サービスについて介護保険が適用される予防給付サービスには、介護予防サービス、地域密着型介護予防サービス、介護予防支援、介護予防住宅改修があります。
ここでは地域密着型予防サービス介護予防支援介護予防住宅改修について説明します。

◆地域密着型予防サービス
 要支援者が、地域密着型支援サービス事業者(市町村指定)から3種類の地域密着型支援サービスを受けることができます。


@介護予防認知症対応型通所介護
認知症である要支援者が、介護予防として、居宅からデイサービスなどの施設に通って、施設内で入浴、排泄、食事などの介護や、その他の日常生活に必要とされる世話や機能訓練を受けるサービス


入所系地域密着型サービス
A介護予防小規模多機能型居宅介護
要支援者が、介護予防として、居宅や一定のサービスを行う施設などに通って、または短期間宿泊して、施設内で入浴、排泄、食事などの介護や、その他の日常生活に必要とされる世話を受けるサービス


B介護予防認知対応型共同生活介護
認知症である要支援者が、共同生活を営む住居に入所して、入浴、排泄、食事などの介護や、その他の日常生活に必要とされる世話や機能訓練を受けるサービス



◆介護予防支援
 要支援者が、地域包括支援センター市町村指定)から受けることができる、介護予防サービス計画費の給付対象サービスです。要支援者の状態の機能回復・改善のためにサービス計画を立てます。利用者が自立できるような目標を定期的にチェックしながらサービスを行えるようにします。


◆介護予防住宅改修
 要支援者が、地域包括支援センター市町村指定)から受けることができるサービスです。介護予防住宅改修は、居宅介護住宅改修と同じ内容・特徴で利用できるサービスですが、介護予防としての観点から、地域包括支援センターによる運営下によって利用することになっています。


◆地域包括支援センター

地域包括支援センターとは、包括劇に支援事業や厚生労働省令で定められた事業を実施する団体であり、市町村単位による地域に設置されて、住民の心身・健康維持のために必要な援助を行うことを業とします。

設置事業者は市町村によって指定されます。運営には、中立的・公益的観点から地域包括支援センター協議会が関わることになっています。この協議会は、事業者、福祉・医療関係団体、被保険者等によって構成されています。

地域包括支援センターには、保健師、看護師、ケアマネージャー(主任介護支援専門員)、社会福祉士などが配置されます。

スポンサーリンク