介護・ヘルパー心得ナビ 【介護福祉 介護支援】

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

ケアマネージャー試験の受験資格

スポンサーリンク
◆ケアマネージャー試験について
ケアマネージャー試験を受けるためには、次の受験資格を満たしていることが必要となります

1.保健、医療、福祉の国家資格を持っている人で、実務経験が5年以上、従事日数が900日以上
※ここでいう国家資格とは、医師/歯科医/薬剤師/保健師/助産婦/看護師/准看護師/理学療法士/作業療法士/社会福祉士/介護福祉士/視能訓練士/義肢装具士/歯科衛生士/言語聴覚士/あん摩マッサージ指圧師/はり師/きゅう師/柔道整復師/栄養士(栄養管理士を含む)/精神保健福祉士をいう

2.上記国家資格がない場合でも、介護施設、障害者施設の「相談援助業務」の実務経験が5年以上、従事日数が900日以上

3.社会福祉主事任用資格、あるいはホームヘルパー養成研修2級を修了した人、過去に相談援助業務に1年以上従事した人で、介護等の業務に従事している期間が5年以上、従事日数が900日以上

4.これらに該当しない場合でも、「介護等の業務」に従事した期間が通算10年以上、従事日数が1800日以上

有資格者・無資格者のどちらも、受験申し込みの場合には、申込日の3カ月以内に発行された「実務経験証明書」あるいは「実務経験見込証明書」を勤務先に発行してもらう必要があります。
転職者は経験年数の通算をしなければならず、通算する全部の勤務先からの証明書が必要となります。記録の不備で勤務日数が不明な場合や、すでに閉鎖された事業所での勤務経験は原則として通算できないので、各都道府県の担当部署に確認する必要があります。



◆試験分野について
・介護支援分野(有資格者であっても、免除の対象にはなりません)
・保険医療サービス分野(主に保健医療分野の職種で条件を満たす場合は免除)
・福祉サービス分野(主に福祉分野の職種で条件を満たす場合は免除)


※取得している国家資格によって、免除される科目があります
※介護支援専門員に関することや介護保険法からの出題が多い分野です
※保健医療サービス分野は、基礎と総合に区分されています

出題傾向試験方式:マークシート方式(5肢択一および5肢複択)
試験時間:2時間
介護支援分野:25問
保健医療サービス分野:(基礎15問、総合5問)
福祉サービス分野:15問


※総合の5問は医師、歯科医師以外は免除対象になりません。
※免除科目の一番多い方は、医師、歯科医師で介護福祉士等の有資格者で介護支援分野25問のみとなります(すべての条件を満たすとき)。
スポンサーリンク