介護・ヘルパー心得ナビ 【介護福祉 介護支援】

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

チームケア、総合介護の必要性

スポンサーリンク
 障害者、高齢者が在宅で生活するための援助を行うためには、家族やホームヘルパーなどの介護による支援が必要です。しかし、介護という援助だけで障害者や高齢者を支えることができるのでしょうか?

専門的な支援の連携

1.身体的介護ニーズ
全面的介護の必要性

2.医療・保険的ニーズ
嚥下、誤嚥性肺炎などの処置

3.社会生活を維持するためのニーズ
介護をする家族の休息の必要性

総合的な援助・支援
専門性の連携、
意図的な援助・支援
継続的な援助・支援
チームによる援助・支援



地域福祉の拡充

体力が衰えると自分で身の回りの生活を立て直す力がなくなってきます。そうなれば施設や病院に入所すれば家族や本人も安心だと考えるのが今までの介護の考え方として定着しています。しかし、ただ入所するだけではノーマライゼーションの考え方が広まるにつれて不十分であるという反省が次第にでてきました。人間らしい生活を満足させるために地域の中で馴染みのある場所と人付き合い(コミュニティケア)の確立も介護に必要であるという考え方が広まりつつあります。


介護サービスの社会的意義

親が年を取ったり病気になったりして看病が必要になった場合には、子供が世話をすることが今まで当たり前のことであった伝統的ともいえる文化が、現在では崩壊してきているのが現状です。核家族化や高齢人口の増加、その他さまざまな社会価値観の多様化によって、もはや身内だけでの介護が限界となり、社会的介護が必要となりました。そのため、国の社会的政策の一環として、平成12年に介護保険制度が施行されました。


介護と自己実現

高齢者や障害者が日常生活でいろいろな問題に直面した場合、利用者の自己実現のための支援が必要になります。身体機能が低下を助ける援助といっても利用者をとりまく生活環境によって支援の方法も異なってきます。利用者と環境を総合的に判断して自己実現を達成できるような計画的支援による係わり合いが介護に必要となります。

スポンサーリンク