介護・ヘルパー心得ナビ 【介護福祉 介護支援】

介護 ホームペルパー 介護福祉士 介護保険 介護用品 介護食品 介護支援専門員 老人ホーム

スポンサーリンク
病気の知識保存庫
介護サービスの意義
介護保険制度の運営
要介護者と要支援者
介護給付サービス
予防給付サービス
給付方式
利用者負担
健康管理

介護サービスについて

介護  現在日本では、出生率低下による少子化、医療技術の進歩による平均寿命の延び、等様々な要因によって急速に高齢化社会が進んでいます。その結果、わが国の平均寿命は世界一の水準に至り、日本では65歳以上の人口が7年後の2014年には4人に1人となり、2033年には総人口の30%を超え、3人に1人となります。いま、50代の7割が、老後の生活設計に大きな不安を抱いています。高齢化社会への対応として、2000年に介護保険法が施行され、高齢者の在宅サービスや保険制度が社会に浸透するようになってきています。介護福祉士や、ケアワーカー、ケアマネージャー(介護支援専門員)、ホームヘルパー等も、最近注目の職業・資格として、耳にすることも多くなってきています。 しかし、少子高齢化社会を迎えた日本は、核家族化や少子化がますます進行する状況のなかで、これまでの介護観は大きく変化しており、家族のさまざまな負担の問題が深刻化しています。

介護  介護は身体的な負担も多いですが、心理的な負担も多くなります。 介護で重要なのが人間関係になりますが、介護者と介護される高齢者の人間関係がすべて良好とは限りません。 その心を支えることができるのは、家族や近所の人、友人など、 介護者の周りにいる理解者になります。また、同じ体験のをしたグループ会などで、愚痴をこぼし合ったり、励ましあったりすることで、「ケアする人をケアする」ことになります。 このように介護とは、家族などの周囲の人をはじめ、社会全体で介護者をケアすることが大切だと言えます。介護者のケアと言う面でショートステイは介護者の息抜きになりますが、 介護者のための政策を立てることも必要になります。

 介護期間の長期化、介護する家族の高齢化(老老介護) 等の問題から、平成12年に介護保険制度が制定され、「家族で介護を行うこと」から「制度として介護サービスを行う」ことへ転換されました。 これによって、介護や支援が必要と認定された人は、費用の一部を自己負担するだけで介護サービスを利用できるように変わり、有料老人ホームが一躍脚光を浴びるようになって近年その数も急増しています。 また、介護が必要で無い方であっても、有意義で充実したシルバーライフを過ごすことを目的として、いわゆる住宅型高級有料老人ホームを終のすみかとして選択される方や、特別養護老人ホームなどの公的老人ホームに入るまでの期間(一般的に空きが少なく、申込みから入居開始まで数年を要する施設が多い)の一時的な住まいとして利用する方も増えてきています。


スポンサーリンク