花粉症 【アレルギー対策の知恵】

花粉症、アレルギー、鼻炎、鼻水、鼻づまり、結膜炎、くしゃみ、スギ

花粉症 【アレルギー対策の知恵】

花粉症花粉症は、原因となる花粉を吸い込んだために起こる病気です。空気中を飛散している花粉が鼻から吸い込まれたり、目に付着して、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみなど典型的症状が起こります。花粉が引き起こす症状は鼻や口だけではなく、のどや気管の粘膜に付着した花粉がのどのかゆみや咳の発作を起こしたり、顔など露出している皮膚に花粉が付くと顔がほてったり、ビリビリしたり、湿疹や皮膚炎が起こります。鼻や口からのどに入った花粉を飲み込むと、胃や腸などがアレルギーを起こし、消化不良や食欲不振が起こることもあります。その他に頭が重くなったり、ボーっとしたり、倦怠感や熱感、イライラなどの多彩な全身症状が起こり、肉体的にも精神的にも大きな苦痛を伴い、仕事や勉強の効率を著しく悪化させます。

からだの防御機構である免疫機構がからだに不都合な反応を起こしてしまうアレルギー症状には、アレルギー性鼻炎、アレルギー性気管支喘息、 アトピー性皮膚炎などが代表的疾患です。花粉によって起こるアレルギーが花粉症です。鼻炎の症状は発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻閉などです。花粉症では鼻炎の他に咽頭症状結膜炎症状、皮膚炎の症状など、局所のかゆみ、発赤、腫脹が主な症状です。

これらの疾患を起こすアレルギーは、粘膜や皮膚に多く存在する肥満細胞(マスト細胞)に結合しているIgE抗体と原因抗原が反応して、ヒスタミン、ロイコトリエン、血小板活性化因子などが遊離され、それが血管や分泌腺、知覚神経に作用してさまざまな症状が起こされます。マスト細胞の他に好酸球という細胞が多数局所に集まり、ロイコトリエンや血小板活性化因子などを遊離して症状を一層強くするのがアレルギー性炎症の特徴です。

いくつかの治療方法を上手く使い分ければ、アレルギー症状を緩和させることが可能です。病院や医院などでアレルギー専門の治療を行えば、さらに薬物を使用しなくても日常生活に支障なく過ごせるような免疫療法(特異的減感作療法)を行なう場合もあります。